CAD日記

56歳主婦がシロートから始めた在宅CADの仕事についての記録です

CADの種類

time 2017/02/20

CADの種類

sponsored link

Auto CAD

CADソフトで悩んでいたら1番に選ぶべきソフトです。
CADの仕事を探した場合、ほとんどが「Auto CAD経験者」です。
データはDWG
価格は
2D,3Dなら AutoCAD 1年間ライセンスで 149,880円(H29 2月現在 公式)
2Dなら AutoCAD LT 1年間ライセンスで 32,319円(H29 2月現在 公式)

1年3万円ちょっとでAutoCADが使えるなんて昔なら考えられない価格です。
⇒公式サイト http://www.autodesk.co.jp/

 

JW_CAD

まず1番の特徴は無料ということ。
いますぐにダウンロードして使うことが出来ます。
ユーザー数は多分1番。
最近のデータのやり取りはほぼJWかDXFになります。
ただ、無料ならではの操作性。
購入品より手数が多く必要とされます。
慣れてしまえば気にならないと思いますが急ぎの仕事の時に少し差が出ます。
⇒公式サイト http://www.jwcad.net/

 

FUTURE

筆者が使用してるCADです。
元々は日建学院の「PRO-CAD」
2Dのみですがとても操作性がよく、色んな種類のファイルに対応しています。
年間ライセンス契約になります。
⇒公式サイト http://www.shintech.jp/cad/

 

そのほか

Winでも使えますがMACユーザー向けのVectorworks
最近では無料のHO_Cadのファイルも出てきています。

 

今はどのソフトもJWWやDXF変換、インストール出来るので、
どれがいいということはないのですが、
まずはお仕事をくださる会社や担当者の方が希望されるソフトが1番と思います。

 

sponsored link

down

コメントする




CAD日記

WordPress

その他日記

書き方


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。