CAD日記

56歳主婦がシロートから始めた在宅CADの仕事についての記録です

CADについて

time 2017/02/16

CADについて

CADって結局は図面を書く道具。
まずは自分が書きたい図面を知っていなければ
いくらCADを使えても意味がないという事なのです。

私は資格も経験もない所からスタートしました。
金物施工図と言っても
笠木、幕板、手摺、EXP.J、スパンドレル、ルーバー、etc・・・
種類の多さに加え
納まり図を書くには屋根、天井、外壁、内壁、床
全ての仕様について知っていかなければなりません。
そのためには

勉強するより書きながら覚える

に尽きると思います。
建築以外でも同じことが言えるでしょう。

それには

教えてくれる人が必要

図面の仕事をコンスタントにいただくことは難しい上に
出来れば教えてくれる担当者さんと繋がる必要があるのです。
それが出来れば翌日から図面書けます!
もちろんそれにはCADが使えるということが必須です。
普通に勉強して資格を取り
そういう会社に就職すればいいのですが、

自分と同じように
・シロートでもCADの仕事出来る?
・資格なくても出来る?
・在宅でも出来る?

そんな目線でこれからも書いていきたいと思います。

sponsored link

down

コメントする




CAD日記

WordPress

その他日記

書き方


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。